Our story

製品誕生秘話

製品化のきっかけを与えてくれた山 – キリマンジャロ

創業者のアッシュ・ニューランドがスクラバウォッシュバッグのアイデアを思いついたのは2010年のこと。弁理士の仕事から4か月間の休暇を取得し、友人とともにアフリカのキリマンジャロ登山を企画したことがきっかけでした。

「遠征の計画を立てているとき、必需品の防寒着やキャンプ用具を荷物に入れると、着替えはわずかしか持っていけないことに気づきました。つまり2~3日に一度は洗濯をしなければならないという課題が浮上したのです。
これについて、どうしたものかと数週間ほど考えを巡らせていたところ、洗濯板はどうだろう?と思いついたのです。
洗濯板は何世紀にも渡ってどこでも使われているし、ちゃんと汚れも落としてくれる。一方で、大きくてかさばることと、どのみち洗面台かバケツがいるということが欠点でした。そこで突然ひらめいたのです。曲げられるような洗濯板を、ロールクリップ付きの防水バッグの中にいれて合体させてはどうか。
これを実現すれば、旅行中の洗濯のやり方を大きく変えるものになるかもしれないと思いました。」


     

オーストラリアを出発するまでに、いくつか大まかな試作品が作られました。アッシュ・ニューランドは出発前の1週間、毎晩仕事の後に、暫定的な特許申請書類の準備も進めました。
「遠征前に試作品を試す時間がなかったので、初めてそれを使ったのは、タンザニアのモシという町でした。そして予想以上の洗浄効果に驚きました。」
コンセプトは間違っていなかったものの、製品化して市場へ流通させるまでには、まだ課題がたくさんありました。

世界最小の洗濯機 商品化までの道のり

試作品の成功とともに4か月間のアフリカ遠征を終えて帰国し、試作品の改良と知的財産としての特許取得を目指すことになりました。そして2011年に新たな転換期を迎えます。アッシュ・ニューランドが大手弁理士事務所を辞めて、スクラバウォッシュバッグの商品化に集中することにしたのです。
「ヨーロッパの可能性のあるライセンシーから良いフィードバッグをもらえてはいたものの、スクラバウォッシュバッグの市場価値を証明しなければなりませんでした。」
これを実施するため、Calibre8社を設立しました。 

2012年1月、クラウンドファンディングのウェブサイト、Indie GoGoにおいて、Calibre8社として商品コンセプトを紹介し出資を募り、これがスクラバウォッシュバッグの製品化への大きな一歩となりました。2,500 USドルの目標額に対し、商品の事前注文だけで22,525 USドルもの資金が集まりました。
「はじめはこの製品に対して、これほどまでの支援を受けたことに圧倒されてしまいました。でもすぐに、この大量注文に応えるには、直ちに製造を始めなければならないことに気がつきました。何日も夜を徹して受注、製造、発送まで対応し、やり遂げました。」 

20124月半ば、大成功のうちにクラウンドファンディングのキャンペーンは終了し、同じ年の6月中には事前注文分すべての生産を完了。ついに市場での販売が始まりました。
「クラウンドファンディングのプロジェクトで出資していただいた新しもの好きな方たちだけでなく、多くのメディアで取り上げていただいたことが、さらに追い風となりました。フォーブス、ロンリー・プラネット、バズフィード、ギズマグのほか、イギリス、アメリカ、オーストラリアの主要な新聞でも紹介していただきました。」

そこから現在に至るまで、さまざまな企業努力があり、Calibre8社はさらに倉庫を諸外国にも展開し、地球上のどこにでも、より早く商品を発送できる体制を整えました。またスクラバウォッシュバッグは使いやすさと耐久性の向上を追い求め、改良を重ねてきました。
「新たな販路も小売店様もさらに増え続けていて、いずれ世界中どこの国の小売店の棚にもスクラバウォッシュバッグが陳列されるようになるでしょう。」

もともとバックパッカーを想定してデザインされたため、休暇中の人、出張の多い人、寮や小さなアパートに住む学生さん、キャンパー、猟師、サイクリスト、カヤックをする人、クルーズ船の乗客にとっても、スクラバウォッシュバッグは最良の洗濯法になりました。

旅行中の荷物を減らすことができて、ホテルでのクリーニング代も節約でき、コインランドリーを探して奔走する必要もなく、洗面台で洗濯することへの衛生面の問題も解決し、節水までできます。なにより、どこでも洗濯ができる自由が得られます。すべての旅行者にとって、スクラバウォッシュバッグが重宝する局面はきっとあるはずです。

きれいな水で恩返しする洗濯機を目指して

スクラバウォッシュバッグの商品化にあたり、私たちが決意したことがあります。それは高品質な製品を作ることと、援助が必要な人に手を差し伸べることです。

ラオスとカンボジアを旅行した際、きれいな飲み水を得られない人里離れた地域が、世界中にたくさんあることを知りました。そして私たちの事業の売り上げの一部を、この問題に取り組むために使いたいと決心したのです。

私たちは世界中で援助を必要とする人びとのために、きれいな飲み水を提供するプロジェクトに現金を寄付しています。これまでに支援し、実現したプロジェクトを下記に紹介します。

チャリティ:ウォーターによるエチオピアの井戸プロジェクトに10,000 USドルを寄付

2014年の12月、スクラバウォッシュバッグチームは、非営利団体チャリティ:ウォーターによるエチオピアに井戸を掘るプロジェクトに、必要な全額分10,000 USドルを寄付しました。
井戸が完成すれば、命を救う飲料水と公衆衛生をティグライ地域にもたらします。このプロジェクトでは、250名分の飲料水を確保する新たな井戸を、ドリルで掘削して整備します。井戸はドリルで深く掘るほど、人力による浅い井戸よりも、多くの水を供給することができますが、それには重機や燃料、優秀な技術者チームの確保など、多大な費用がかかります。おかげさまで皆さまのご支援により、このプロジェクトへの寄付を達成することができました。ありがとうございました。

バングラデシュの学校にきれいな飲み水を提供するチャリティ:ウォーターによるプロジェクトに15,000 USドルを寄付

20146月、スクラバウォッシュバッグチームは、チャリティ:ウォーターによるプロジェクトに15,000 USドルを寄付しました。このプロジェクトは、バングラデシュの学校に、水道の配管を含めたインフラを整備するというもので、750名の人びとに安全できれいな水を継続的に供給できるだけでなく、生きるために必要不可欠な公衆衛生教育も提供することができます。

皆さまにFacebookのリンクを貼っていただいたおかげで、目標額を達成することができました。

ワールドヴィジョン緊急人道支援と開発援助

平成25年の台風30号(現地名:台風ハイエン)によって、甚大な被害を受けたフィリピンの復興を支援するため、スクラバウォッシュバッグはワールドヴィジョン緊急人道支援と開発援助を通じて1,000 USドルの義援金を寄付しました。このわずかな義援金によって、何百万もの被災者のもとに、少しでも早く支援物資が届くよう願っています。

 

支援者やお客様皆さまのおかげで、この貢献が実現しました。

チャリティ:ウォーターへの貢献

はじめに、チャリティ:ウォーターの活動について教えてくれたのは、Indie GoGoの創設者の一人、リストン・ピーブル氏でした。彼らの活動内容について調べるにつれ感銘を受け、初めての寄付を行いました。チャリティ:ウォーターは開発途上国において、安全できれいな飲料水を人びとに提供している非営利団体で、水にまつわるすべてのプロジェクトに、支援者からの寄付金100%を直接出資しています。

今後、スクラバウォッシュバッグの事業をさらに成長させ、チャリティ:ウォーターを通じて、水に関わるすべてのプロジェクトに出資することを目指していきます。

 

写真引用: charitywater.org

リフトバレー貯水槽プロジェクトへの貢献

Indie GoGoを通じて、スクラバウォッシュバッグへ圧倒的なご支援をいただき、企業として初めて有意義な社会貢献をすることができました。

全人類が、どこでも安心して水が飲めるようにするべきである。その信念に従い、Indie GoGoを通じてスクラバウォッシュバッグ・プロジェクトに寄せられた1000ドルを、ケニアのリフトバレー州に貯水槽を作るという、Indie GoGoの別のキャンペーンに再寄付させていただきました。現在、この地区ではわずかな降雨があっても、雨水はあっという間に流れ去ってしまいます。設置が完了した貯水槽によって雨水を貯めることができるようになり、遊牧民のサンブル族に利用されています。

写真引用: indiegogo.com/projects/samburu-trust-kenya.

私たちは今後も、水に関する価値あるプロジェクトを支援していきます。ぜひご提案をお待ちしております。